絵馬 ~ Votive Picture of a Tablet of Horses ~

 Don't forget to pray when you visit a Shinto shrine!

 

There are tablets hanging on boards or strings and spread on a frame.
Those are called 絵馬 (ema).
But why are they called that? ; 絵 ( picture ), 馬 ( horse)

 

In ancient times, the weather was important for the Japanese, an agricultural people.
And the horse was regarded as an animal ridden by gods.
So people believed that if they offered horses to 貴船神社 ( Kifune-jinja or 'Kifune shrine') dedicated to gods of water, the horses would bring the gods to the earth ,and they would have good weather.
They offered black horses when they had a long drought, and white or red horses when they had a long spell of rainy weather.
Later, they gave wooden plaques with pictures of horses, instead of real horses, due to financial reasons of the contributors, and to save the shrine the trouble of keeping horses.
And the fact that ema are pentagon shaped, like houses, is a traces of how it imitated the roof of horse stables.

 

Variously designed paintings appear these days for a variety of wishes.
Why don't you try one?

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

神社を訪れる際にはお祈りを忘れないでください。

 

書き板が枠に張られた棒や糸にかけられています。
これらを絵馬と呼びます。
ではなぜその様に呼ばれているのでしょうか。

 

昔、農耕民族である日本人にとって天気は大切なものでした。
そして、馬は神様が乗る動物とされていました。
そのため、人々は水の神を祀る貴船神社に馬を奉納することで、その馬が神を地上に連れてきて、良い天候に恵まれると考えていました。
日照りの際には黒い馬を、長雨の際には白もしくは赤の馬を寄進しました。
後に、寄進者側の経済的理由と神社の馬の世話の軽減を理由に、馬の絵の描かれた飾り板を奉納するようになりました。
絵馬が家のような五角形をしているのは、馬屋の屋根を模した名残りです。

 

今日では多様な祈願のために、様々なデザインが描かれたものが登場しています。
試してみてはいかがでしょうか。